今話題のSOXLを徹底解説!レバナスを超える爆発力!?3倍レバレッジETFの威力と危険性を買う前に両方理解しよう!

投資、資産運用

どうも!ぶいです!初めましての方は初めまして!いつもお世話になっている方はお世話になっております。

今回は今話題沸騰中の3倍レバレッジETF『SOXL』の脅威の爆発力や、逆に危険性を詳しく解説していきます。

私自身もSOSLを2021ドル分保有していて現在+803ドル(約57%)と言った驚異の3倍レバレッジETFです。

購入を考えている方は買う前に是非チェックしてみてくださいね(^^)/

SOXLとは?

そもそもSOXLとはパソコンやスマートフォン、車の自動運転など、ほぼすべての電化製品に使われている半導体の半導体企業30社に連動しているSOX指数の値動きの3倍の値動きを目指した米国ETFです。30社の中には有名なインテルやブロードコム、エヌビディアなどの企業が入ってます。

つまり、SOXLは半導体の需要にもろに影響を受けるということになります。

しかし、最近では半導体不足という問題があるように、半導体は必要不可欠なものなので需要はかなり高いとされています。

パソコンやスマートフォンなどは勿論、任天堂switchやPS5、自動運転運転や進化を続けているAIなどに今のところなくてはならない存在の半導体!私は小額持っておいても良いと考えています。

詳しくSOXLを見てみよう!

iPhoneの株価アプリ

まずはSOXLのチャートをご覧ください!ぱっと見でもえぐいぐらい上昇しているのが分かりますね。。

チャートが見れない私でも分かります。やばすぎ…

どれぐらいやばいかというと、10年から株価がなんと、驚異の100倍になってます。

10年前に10万円分購入していたら1000万円になっていたという事です。

ちなみに、こちらも今話題になっているレバナスは10年で約7倍上昇しているみたいですね。こちらも十分すごいですが、SOXLを見るとかなり小さく見えます。

半導体3倍レバレッジの威力…とても恐ろしいですね。

SOXL(レバレッジETF)の危険性

SOXLはSOX指数の日々の値動きの3倍の動きを目指しているETFということで、SOX指数が1%上昇すると、SOXLは3%上昇します。

しかし、その逆もあり、1%下落すると3%下落してしまいます。なので、上のチャートでも見える通りここまで異常なグラフの動き方をしているわけです。大きく上昇するときもあれば逆に大きく下落してしまう可能性があるという事を絶対に抑えておきましょう。

現にコロナショックの時は株価がなんと80%程下落してしまっています。100万円が一気に20万円程に、1000万円が一気に200万円になってしまうリスクがあることを、ちゃんと理解しておきましょう。

これから先、リーマンショックやコロナショックのようなことが起きないという事は言えません。

大きい金額保有して、大きい上昇、下落に一喜一憂してしまうって精神が不安定になってしまう…なんていう事もあるかもしれないので、メンタルが強くない人はSOXLの投資には向かないと言えるかもしれません。

また、普段の値動きの上下もかなり激しいです。一週間で10%の上下を繰り返すことも割とあるので、注意が必要です。

そして、SOXLは経費率が0,95%もあるので、ノーマルなインデックスファンドよりもかなり高めに設定されていることも押さえておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は私も現在保有しているSOXLについて詳しく解説してみました。

SOXLはかなりリスクの高めのETFなので、私の意見としては大きい金額保有するのではなく、よく言われている小額を宝くじ感覚で10~20年程保有し続ける。という投資法が面白いと思います。

今のところ絶対に必要な半導体。10年前に買っておけば株価100倍!まではいかないにしても、宝くじを買うよりもかなり可能性が高いものだと思ってます。

皆さんもレバレッジの爆発力、危険性をちゃんと理解したうえで保有するようにしましょう!

気になったらこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

それではまた次の記事でお会いしましょう(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました